2008/11/08

ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す / 関橋 英作

「キットカットできっと勝つ」…この語呂遊びをうまくキャンペーンに仕上げた著者のブランド再生論。

内容云々の前にまず、著者に対して
 「この人はとにかく人が好きなんだなぁ」
 「『伝える』ということを大事にしている人なんだなぁ」
と感心しました。ていねいな文章の書き方、シンプルでわかりやすい言葉遣いからそのことがひしひしと伝わってきます。

小難しいブランディングの本を読んでみて、読んだ直後は何かを達成したつもりにはなるけれど
「結局ブランディングってあまりよくわからないなぁ……」
と思ってしまう、でも、もっとブランドについて知りたいという方におすすめの一冊です。


【キーワード・フレーズ】:6つ

1.マーケティングは
 ・「『人が人のことを考える』、このことに尽きる」
 ・「心理学にいちばん近い経済学」

2.ブランドとは
 ・「人の『心』の中で育つもの」
 ・「人との強い『絆』を作るもの」

3.ブランディングに必要なものは
 ・機能ベネフィット
 ・情緒ベネフィット
 ・インサイト
 ・ブランド・パーソナリティ
 ・ブランド・ゴール
 ※いずれも、絞り込んだシンプルな言葉で

4.インサイトには
 ・「カテゴリーインサイト」
 ・「世代インサイト」
 ・「社会インサイト」

5.ブランド再生は
 ・「隠れ価値発見」

6.[その他]
 ・「メディア・ニュートラル」
 ・「広告から個告へ」



0 件のコメント: