2009/09/29

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい / マルコム・グラッドウェル

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

「ティッピング・ポイント」「天才!成功する人々の法則」などの有名なビジネス本(?)も書いているマルコム・グラッドウェルの「第1感」に関する一冊。

ゆっくりと論理的に考えたわけでもないのに「ピンとくる」、そんな「第1感」とでも呼ぶべき「わかる」仕組みについてじっくり書いてあります。
いくつか主要な学びをピックアップします。

第1感=「適応性無意識」(adaptive unconcious)
「一気に結論に達する脳の働き」のことを心理学の分野では「適応性無意識」(あるいは「適応的無意識」)と呼ぶそうです。

第1感も大切
瞬時に下した判断も、慎重に下した判断と比べて見劣りしないことがある。時間が長ければ長いほど、判断がよくなるわけではない、とのこと。子供の頃の学校のテストで「テスト終了間際に、答えを迷った末に書き変えたら、最初の回答の方が正しかった」というような経験を持つ方も多いかと思います。ちょうどそんな感じでしょうか。

第1感は誰にでもある
第1感はかぎられた人たちだけの能力ではありません。

第1感は鍛えられる
第1感は養うことができ、自由に操ることができるものである。第1感を完全にコントロールすることはできないが、鍛えることは可能。ちょうど、オシッコは生理現象であるため、いつ催すかを自分で決めることができないが、水を飲む量を調整したり、催したときにトイレまでガマンしたり、と、ある程度は意識でコントロールできることと近いように思います。

第1感は少しずつ鍛えられる
重圧にさらされた状況で瞬時の認知によっていかに正しい判断を下せるかどうかは、1)訓練、2)ルール、3)リハーサル、によって決まります。

第1感 = f(対象,経験,環境)
経験と環境を変えれば、第1感の掴み方を変えることができるとのこと。

プロは第1感を説明できる
フレームワークの獲得と鍛錬によって、第1感を理性的・論理的に説明することが可能となります。

余計な情報はただ無用なだけでなく、有害でもある


【キーワード】:てき、きた、ふれ、け
適応性無意識:第1感のこと
鍛えることができる:第1感は鍛えることができる。訓練によって。
フレームワークで解釈できる:その道のプロは、フレームワークによって第1感を説明できる
・余計な情報を削ることが大切

0 件のコメント: