2009/10/25

竜馬がゆく〈1〉 / 司馬遼太郎


竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

幕末の志士・坂本竜馬について史実・創作交えて司馬遼太郎が書いた物語「竜馬がゆく」。の1冊目。

存在は知っていたのですが食わず嫌いになっていたのを、今回初めて読んでみました。

これまで小説を読むときには「そういうもの」として読む習慣が付いていたのですが、ここ数年(仕事を始めて、自分の人生について少し真剣に考えるようになってから)は、自分(自分の人生や日々のふるまい、仕事)と照らし合わせて読むようになりました。偉人について書かれたものを読むとき昔は単純に「すごいなぁー」「でも、元からこういうすごい人やから出来て当然かな」と自分とは切り離した別世界のこととして捉えていたのですが、最近は「どんな偉い人にも、フツーの人だった頃がある」という前提で学習と成長のプロセスを追いながら読む習慣がつきました。

そうやってこの本を読むと、非常に面白かったです。
ずっと泣き虫だった少年が姉の教育と剣道によって男らしい青年へと育ち、さらに東京に行って色んなものに触れることによって人間としての深さを持つ。これは梅田望夫氏が言っていたかと思うのですが、ITや高齢化、グローバリゼーション、環境意識の高まりなど新しい大きなうねりが来ている今の時代と、竜馬が活きた時代とで共通するものがあります。その時代を捉えて、自分が何かやりたい、と思うか思わないかはもう考え方次第。

…と思うと、今、改めて坂本竜馬に学ぶことは多いような気がします。2巻以降も引き続き読みたいと思います。

以下、本文から引用。

1.恥といふことを打ち捨ててて世のことは成る可し。 / 坂本竜馬

2.学問も大事だが、知ってかつ実行するのが男子の道である。詩もおもしろいが、書斎で詩を作っているだけではつまらない。男子たる者は、自分の人生を一変の詩にすることが大事だ。楠木正成は一行の詩も作らなかったが、かれの人生はそのまま比類のない大詩編ではないか。 / 吉田松陰

3.とにかく、日本にはもっと困難なときがyってくる。そのとき、お互い、生死をかえりみず、力をあわせて立ち上がろう。たがいに不満があっても裏切るまいぞ。朋友のあいだに信の一字があってこそ世の大事をなせるのだ。 / 桂小五郎

キーワード:
1.人は変わる(変われる)
2.志ありき(Where threre is a will, there is a way.)

0 件のコメント: