2009/11/21

Balance in Design 美しくみせるデザインの原則 / キンバリー・イーラム(Kimberly Elam)



Balance in Design 美しくみせるデザインの原則」を読みました。

これは一冊まるまる「黄金比」についての本です。

人が調和や安心感を感じる1対1.1618・・・という比「黄金比」。それについての説明がことこまかになされています(黄金比と似た比率「白銀比」についても少しだけ解説されています)。

以下に、本書から学んだポイントをピックアップしてみたいと思います。

黄金比とは
自然界に頻繁に現れるある比率、1:1.618……(1と1.6に近い無理数の比)。

図形的には、下記のとおり(画像小さいですが……)で、2次方程式(x^2-x-1 = 0)の解(つまり、(1+root(5))/2)です。

フィボナッチ数列において隣り合う2項間の比でもあります。



白銀比とは
長方形のある縦横比、1:root(2)。

その比の長方形を「ルート長方形」と言います。用紙サイズとしてよく普及している「A4」「B4」という紙の規格は縦横の比率がこの白銀費になっています。

黄金比はなぜよいのか?
人が黄金比に調和や安心感を感じるのは「それが自然界にたくさんあるから」とのこと。具体的には、巻貝、ひまわり、まつぼっくり、魚の体などの事例が取り上げられていました。

人の体(全身、顔)の中にも黄金比がたくさん含まれているといいます。

また、本書のなかでは黄金比をうまく利用したデザイン事例も豊富に紹介されていました。
・ミース・ファン・デル・ローエのイス(バルセロナチェアブルーノチェア
・イームズのイス(プライウッドチェア
フォルクスワーゲン・ビートル
・その他ポスターもろもろ……

ボリュームは100ページ前後と多くはありませんが、シンプルでわかりやすかったです。「黄金比についてきちんと知っておきたい」という場合はこの一冊で十分かと思います。

おまけ
黄金比について非常にわかりやすく説明した動画もありました。なぜ自然界に黄金比がたくさん現れるのか、そのメカニズムが解説されていて「なるほど!」となります。もしご興味があればぜひこちらも。
黄金比とフィボナッチ数列について説明する美しい動画


1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Obedient bye, sweet soul mate :)