2010/02/25

てっぺん!の朝礼 / 大嶋啓介

スタッフの夢とやる気に火をつける! てっぺん!の朝礼

年間に1万人もの見学者が訪れるという個性的な居酒屋「てっぺん」の朝礼。「てっぺん」の創業者自身がその朝礼について語る一冊。

この「てっぺんの朝礼」についてはテレビ番組で紹介されているのを一度見たことがあり、そのとき僕はどちらかというとネガティブな捉え方をしてしまいました。正直、「暑苦しいなぁ・・・」「気持ちワルイなぁ・・・」と思ってしまいました。

こういう本や考え方に対しては、好きな人と苦手な人とが大きく分かれるかと思います。僕はどちらかというと苦手な方でした。でも、ずっと気になっていたので、この「てっぺん」がなぜそんなに魅力的と言われるのかを調べるために、そして、自分がなぜネガティブな捉え方をしてしまうのかを調べるために、手に取ってみました。


・・・結論としては、読んでよかったです。印象が大きく変わりました。まぁ細かいやり方(HOW)については色んなやり方があるだろうし、「てっぺん」のやり方はそのひとつとしてありかなと思う程度ではあったのですが、「朝礼」のそのそもそもの目的を聞くと、「あぁ、それっていいなぁ」と素直に思いました。また、てっぺんのチーム作りもステキです。

てっぺんの朝礼は夢をかなえるためにあります
そして、夢は、日付を入れ込み、人に宣言し、有言実行の思いで毎日働くことで、必ずいい形となって自分に帰ってくるものです。

居酒屋は、グチを言うためだけの場所ではありません。夢を語り合い、前向きな言葉が飛び交うことで人々が日々を前向きに過ごせるチャージのための場所です。

てっぺんの社員になる唯一の条件は「将来経営者になりたいか」だそうです。経営者になるというたった1つだけど大切な部分が共有できることで、お互いがお互いにいい刺激を与える良いチームが生まれているのだと思います。

以下、本書の中から印象的だったポイントを抜粋します。

人間は食べ物がなければ決して生きていけませんが、同様に、心の栄養がなければ絶対に生きていくことはできないそうです。この「心の栄養」は具体的に何かと言うと、仲間に対して、本気でほめてあげる、本気で話し合ってあげる、本気で叱ってあげる、本気で握手をしてあげる等、「お互いがお互いに『本気で』認め合う」という行為のことです。

(てっぺんの朝礼は…)「スタッフの夢とやる気に火をつける場」 (中略) 「一人ひとりの夢と、今ここにいることの意味と価値をがっちりと繋げてあげること」

「夢を持つと人は輝く」、「夢があるから頑張れる」

「目を閉じて、イメージして下さい。これからの人生、どんな人生にしたいのか。一度きりの人生、どんな人生にしたいのか、最大限イメージして下さい。どう生きるのか、何のために命を燃やすのか。…」

逃げて、土俵に上がろうとしないのが、史上最大にヤバい

成功体験を積み重ねること

成長の早い人間に共通するのは、この「責任感」と「素直さ」

過去と他人は変えられない。でも、未来と自分は変えられる。

「すべての出来事をプラスに変える」
それが「てっぺん」の目指すリーダー像

(松下幸之助のエピソード紹介で……)
ある日、しらけたような顔で電球をみがいている社員さん一人ひとりに対して、松下さんが言いました。
「この電球はどこで光っているか知っているか?」
「子どもたちが絵本を読んでいる。すると、外が暗くなる。家の中はもっと暗くなる。そうなれば、どんな物語も途中で閉じなあかん。でもな、あんたがみがいている電球一個あるだけで、子供たちのドラマは続行や。あんたは電球をみがいているんやないで。子供たちの夢をみがいているんや。子供たちの笑い声が聞こえてこんか? 物作りはな、物を作ってはあかん。物の先にある笑顔を想像できんかったら、物を作ったらあかんのやで。子供たちの夢のために、日本中、世界中にこの電球を灯そうや」


……どれも、熱い人やモノを見ると、たじろいで白けてしまいがちな(僕のような)人に読んでほしいお話ばかりです。2回、3回と繰り返し読んでも、読むたびにモチベーションが上がるように思います。また2回、3回と読みます。

0 件のコメント: