2010/06/27

PLANNING HACKS! / 原尻淳一


PLANNING HACKS!

内容
「企画」立案についてのTIPS集。1つの節を「1ハック」として、合計で83コのハックが紹介されています。この本のメインは次の2つ
アイデアの原理
 アイデアは型で作る 変数 × 代入式 = 企画書
アイデアの方法
 二段階抽出法 1.情報を吐き出す 2.結びつける


本書を読む意義
・「企画」とは何か?
・なぜ「企画」のつくり方を学ぶのがいいのか?
ということについて、本書の中では、企画というのは企業の企画担当の人だけがするものではなく、あらゆる人が生活の中で行っている活動なので、それをつくる力を高めることが人をハッピーにすることができるから、としています。本書はその企画力の向上に役立ちます。

企画というものは、どのような業種であれ、どのような経歴の持ち主であれ、大なり小なり、必要なビジネススキルです。(中略)学祭の企画を考える実行委員も、(中略)彼女が喜ぶデートプランを考える彼も、友だちの誕生日会の出しものを考える小学生すら、その場面では立派な企画マンです。こう考えると、企画というのは、この世の中をハッピーにするスパイスであり、人生をちょっぴり輝かせるカンフル剤だといえます。したがって、「企画づくり」のコツというのは、誰もが知っておくべきことなのです。


いわゆる「アマチュアとプロの違い」としてよく言われる「継続性」。本書では、企画を継続的に生み出す原理と方法について書かれています


本書のメインターゲット
企画担当になったばかりで、まだ自分なりの方法論がまだ確立されていない人。


僕が本書を呼んだ目的
企画立案力(精度とスピード)の向上。


目次
企画づくりの環境作りから立案、チーム巻き込み、提案(プレゼンテーション)に至るまでの全体の流れに沿って、さまざまな「ハック」が紹介されていきます。
はじめに
1.企画システム・ハック
  変数と代入式
2.アイデア発想ハック
  量と質
3.プランニング・ハック
  失敗と本質
4.プロジェクト・ハック
  コミュニケーションとモチベーション
5.プレゼン・ハック
  離見と保険
6.実践編 コンセプト・ハック
  文脈と応用
おわりに
主要参考文献



ポイントピックアップ
本書の中で、ココ!と思ったポイントをピックアップします。
データベースは2種類ある
変数 × 代入式 = 企画書
(中略)
(企画を)そもそもゼロから生み出すのではなく、代入式を活用すれば、時間もかからず、一定レベルを超えた企画書が大量生産できるのです。


企画の典型は体にインストールする
フィリップ・コトラーが『マーケティング・マネジメント』で説明している「マーケティング計画の内容」は、ほとんどの企画に適応できます。
1 エグゼグティブ・サマリー
2 マーケティングの現況
3 機会と問題点分析
4 目的
5 マーケティング戦略
6 活動計画
7 予想損益計算書
8 コントロール


本書を企画書にしてみよう
本書はこのハックを使って生まれた!
1 1人ブレスト
2 プロフェッショナル・アウトサイダーと話す
3 情報をメタ化する
4 キラー・インフォメーションを探す
5 手書きでイメージング
6 パワポでエディティング
7 プレゼンはギリギリまで編集する


他人の企画書を参考にするときの注意
失敗学で有名な畑村洋太郎さんが『創造学のすすめ』のなかで説明していることですが、あらゆる事象は要素・構造・機能に分かれるという視点が参考になります。
(中略)
他人の企画書を参考にするときは「構造と機能」の2点にのみ注目してください。


集中力は持続しない システムが集中力を生み出す
システム発想を心がけてからわかったことがあります。それはシステムがあるから集中しやすくなるということです。
(中略)
「集中力なんて持続するものではない」
(中略)
「環境整備ときっかけのマネジメント」こそが、集中力というセレンディピティを誘発する技術だといえます。


発想術の極意はブルース・リーにある(Dont Think! Feel!)
アイデアの2段階抽出法
第1段階(Feel!)
とにかく、気になる情報をすべて吐き出し、発想の下地をつくる。
第2段階(Think!)
情報同士を結びつけて、アイデアを考える。
(中略)
初めはアイデアの元となる情報を引き出し、その情報を見たうえで、組み合わせでアイデアを出していくというプロセスを踏みます。


発想に刺激をくれる場所を持つ
五感を刺激する環境を確保しておくと、「発想体質になる」ということなのです。刺激に敏感になっておくことが、発想を誘発しやすくし、それが恒常的に保たれていれば、常にアイデアが出てくるカラダになるのです。


量と質
(二段階抽出法について)
要は第一段階で量をみて、第二段階で質に昇華させるわけで(中略)
量から質への変貌。ジャンプ台とアイデアの飛躍。叩き台の用意と議論による化学反応。


いきなりパワポで書くのは禁止!
手書きでイメージングしてから、パワポでデザイニングする



総括
上の方でも書きましたが、本書の核となる価値は次の2つの考え方を学べることにあるかと思います。
アイデアの原理
 アイデアは型で作る 変数 × 代入式 = 企画書
アイデアの方法
 二段階抽出法 1.情報を吐き出す 2.結びつける

企画を何も無いところから生み出そうとするのではなく、データベースを蓄えて「企画が生まれやすい環境づくり」をすること、情報を出すプロセスと結びつけるプロセスを分けることが大切だと本書は説いています。


まだ読まれてない方へ
ジェームズ・ヤングの「アイデアのつくり方」を先に読んでその内容を自分の中に取り込んでから、次のステップとして「スピードの向上」を試みるときに本書を手に取る、という使い方がおすすめです。




おまけ
本書の著者である原尻淳一さんのブログがこちら。書籍以外の形でも継続的に情報発信されています。
Life Hacking Life (原尻淳一ブログ)

0 件のコメント: