2010/07/04

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解 / 板橋 悟



ビジネスモデルを見える化する ピクト図解」を読み始めました。

先日「頭がよくなる図解思考の技術」を読んで、別の角度からさらに図解についての理解を深めたいと思い、この本を購入。

まださらっとしか読めていませんが、すばらしい本だと思います。実践と理論への立ち返り(この本の再読)を繰り返して、継続的にこの本に書かれている図解の技術を高めていきたいと思いました。


概要
タイトルのとおり、「ビジネスモデル」を理解・創造するために図で考える、ということについて書かれた本です。タイトルにある「ピクト図解」とは、公共機関の「ピクトグラム」にヒントを得て著者が体系化した、ビジネスモデルを表現するためのフレームワーク(ツールセット)。図と矢印から構成される。

目的
図解技術の向上。特に、「ビジネスモデル」と言われる事業の全体像、収益創造の構造を把握するチカラの向上。

感想
まださらっとしか読めていませんが、「図解技術」の本と同様に、こちらも良書だと思います。僕が良書だと思うポイントは次の3つです。
1. 読みやすい
2. わかりやすい
3. 実践的


1. 読みやすい
構成、文章表現、文字組み、図など、もろもろがよくデザインされています。

2. わかりやすい
これはメインアイデアのシンプルさと構成、文章表現などに依存するかと思うのですが、とにかくわかりやすい。頭にすんなり入ってきます。「アナロジー」に関してのパートがあるだけに、サッカーのわかりやすいアナロジーが最初に書かれており、僕はもうここで「この本を最後まで読みたい!」とココロつかまれました。

3. 実践的
具体例も交えつつ、原理原則もおさつつ、なので応用がきく(はず!)。


今回はまだ1回目です。続けて読んで、ピクト図解、ぜひできるようになりたいと思います。もっと深く理解できたらもう一度ここに書きます。




追記20100705
著者の板橋さんの公式ページがいくつかありました。本の執筆だけではなく幅広い範囲で「図解」(ビジュアルシンキング)を広める活動をやられているそうです。
板橋悟 「ビジュアル思考力」日記/ウェブリブログ
ita3.jp
3W1H公式サイト

0 件のコメント: