2010/08/09

映画:いぬのえいが



今回は映画です。映画「いぬのえいが」を見ました。

内容

犬にまつわる6つのエピソードをひとつに集めた映画です。ストーリー間につながりはなく、一話一話完結したエピソード集になっています。

感想

全体的に間(ま)がやや長めで、展開の遅さに少し退屈してしまいました。。それでも、犬を飼っていれば「あるある!」と共感するシーンや思わず笑ってしまうシーンがあり、リラックスして楽しめる良い映画だと思います。



中でも特に良かったのは、最後の「ねぇ、マリモ」というエピソード。

ストーリーも音楽も、もうはなっから泣かせに来ているというのはわかるのですが、それでも、見てて泣かずにはいられませんでした。

ひとつひとつのシーンを見るうちに、思わずマリモと自分の犬とを重ね合わせて見てしまいました。

・犬がはじめて家に来たときのこと
・犬にいたずらされたこと
・犬にいじわるしてしまったこと
・楽しかったこと
・怒ってしまったこと
・気づいたら思ってたよりも早く犬が年を取ってしまっていたこと・・・

毎日顔を合わせ、犬の存在が当たり前になるとついつい忘れてしまう犬を飼うことの悲しさと喜び。犬のやさしさ。かけがえのなさ。

そんなものを思い出させてくれる、素敵なストーリーです。

原作は同名の絵本「ねえ、マリモ」です。
ねえ、マリモ




犬にもっとやさしくしよう。。

0 件のコメント: