2010/11/23

さあ、才能に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす / マーカス バッキンガム、ドナルド・O.クリフトン著、田口俊樹訳



さあ、才能に目覚めよう」を読みました。原題は「Now, Discover your strengths」。


読んだ目的
自分の強み・弱みをしっかり把握すること。


内容の紹介
内容はそのまま、「自分の強みを明確にし、積極的にそれを活用しよう」ということを主張した本です。その基本原則は
(人の)性格や能力は一人ひとり異なるという事実を踏まえて、そのちがいを活かすこと


アメリカ内外の企業に勤務する8万人(!)のマネジャーに対するインタビュー結果から、「人間の能力に対して一般の人々は2つの誤解を持っている」と主張しています。その2つの誤解とは…
  1. 人はだれでもほとんどすべてのことにおいて、能力を発揮することができる。
  2. だれにとっても最も成長の余地があるのは、その人の一番弱い部分である。

の2つです。私なんかは、「そういう考え方もあるし、そうでない考え方もできるしなぁ」とどっちつかずの考え方をしてしまうのですが、本書ではこの考え方を完全に否定しています。ビジネスパーソンやマネジャーは上記の2つの誤解を捨て、次の2つの認識を持つべきであるとしています。
  1. 人の才能は一人ひとり独自のものであり、永続的なものである。
  2. 成長の可能性を最も多く秘めているのは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である。


また、本書には、パターン化された34コの強みのうち、自分にどれがあてはまるのかを特定するツール(オンラインテスト「ストレンクスファインダー」)も付属されています(一冊ごとに異なるユニークコードをウェブページで入力してテストを受ける形となります)。この本の値段は、ほぼこのオンラインテストを受けるために支払うといってもいいかと思います。

……私はリアルタイムには知らないのですが、日本では2001年に発売され、当時結構話題になり、その後継続的に売れている本のようです(私の手元にある本は第1版36刷)。

目次は次のとおりです。


目次
はじめに 企業における「強み革命」
第1部 強みを解剖する
第1章 強固な人生を築く
第2章 強みを築く
第2部
第3章 強みを見つける
第4章 34の強み
第3部
第5章 疑問を解く
第6章 強みを活用する
第7章 強みを土台にした企業を築く
参考資料 ストレンクス・ファインダーに関するテクニカル・レポート



ピックアップ
・本書では、34コの強みとして次のようなものが提案されています。
アレンジ 運命思考 回復志向 学習欲
活発性 共感性 競争性 規律性
原点思考 公平性 個別化 コミュニケーション
最上思考 自我 自己革新 社交性
収集心 指令性 慎重さ 信念
親密性 成長促進 責任感 戦略性
達成欲 着想 調和性 適応性
内省 分析思考 包含 ポジティブ
未来志向 目標志向

この強みを表現する言葉選びには細心の注意が払われてるかとは思うのですが、中には日本語としてわかりづらいものもありますので、本書を買った場合は英語でのラベリングもきちんと見ておくのがおすすめです。このあたりのことについて、dankogaiさんは次のように言われています
本書の核を成す34の強みに関しては、日英双方で併記した。英語の方がよりその才能に関して自然なものもあるし、その逆もあるからだ。訳者はあくまでも逐語的ではなく「原点思考的」(contextual)に訳しているのだが、そのおかげでかえってピンと来ないものも少なくないので。

私も同感。。


診断結果
ブログ主の私自身が診断した結果として出てきた「強み」は次の5つでした。普段自覚しているものが多かったのですが、こうやって明確な言葉に落とし込んで突き付けられると、、感慨深いものがあります。人は自分をこう見てるのか。

あなたの強み
1. 戦略性 strategic
2. 学習欲 learner
3. 目標志向 focus
4. 達成欲 achiever
5. 着想 ideation


感想
先日書いたキャリア・アンカーとはまたちょっと違った切り口から自分を客観視することができ、よかったように思います。5つ、丸暗記しよう。

・強みを認識した次のステップは「強みを伸ばす」「強みを活かす」だと思いますが、ここもきっちりやらないと認識しただけ、になるので、、この結果をうまく使っていきたいと思います。

・ロジカルで丁寧に書かれており、テストも類似のものがあまりない良質のものになっているかと思うので、、1,600円でこれなら、安いと思います。少しでも興味があるなら、やっておいて損はありません。


こんな人におすすめ
・キャリアの節目にいる人(就職・転職・退職など)
・自分の強みを活かせる分野で、より幅広く活動したいと思っている人

0 件のコメント: