2010/12/28

2010年の良書ベスト27冊



いよいよ、2010年が終わろうとしています。

おかげさまで、この1年もたくさんの良書に出会うことができました。出会い方は本ごとにまちまちで、人に紹介してもらうこともあれば、ブログから教わることもあり、書店で見つけることもあり。出会い方はさまざまですが、どんな形であれ「良書だ!」と心から思える本にコンスタントに出会えるということは、ただ単純に、幸せなことだなぁと思います(こうやって振り返らないとこう思うこともありませんでした…)。

良かった本はなるべくこのブログに書くつもりではいるのですが、なかなか全部は書き切れません。
だから、すでに取り上げたものもあれば、取り上げていないものもあります。今年初めて出会った本も、再会した本も。色々まとめて今年のベストを振り返ってみました。挙げていくと、結果的に27冊になりました。

次の3つの視点で分けてみます。

1.「基本姿勢」編
2.「専門領域」編
3.「志」「生き方」編


1.「基本姿勢」編
■カーネギー
・人を動かす / デール・カーネギー

■ドラッカー
マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版] / P・ F. ドラッカー、上田惇生訳
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら / 岩崎夏海

■生活起点の商品開発
デザインの輪郭 / 深澤直人


2.「専門領域」編
■戦略
世界一シンプルな「戦略」の本 / 長沢朋哉
・あたらしい戦略の教科書 / 酒井穣
経営戦略を問い直す / 三品和広
・MBAビジネスプラン / グロービス

■問題解決
いかにして問題をとくか / G.ポリヤ

■TOC(Theory of Constraints)
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か / エリヤフ・ゴールドラット 三本木亮

■ソーシャルメディア
グランズウェル / シャーリーン・リー、ジョシュ・バーノフ

■組織マネジメント
感じるマネジメント / リクルートHCソリューショングループ

■行動分析学
行動分析学マネジメント / 舞田竜宣 杉山 尚子
インコのしつけ教室 応用行動分析学でインコと仲良く暮らす / 青木愛弓
On Talking Terms with Dogs: Calming Signals / Turid Rugaas

■図解
ビジネスモデルを見える化する ピクト図解 / 板橋 悟
頭がよくなる「図解思考」の技術 / 永田豊志
プレゼンテーションZen / ガー・レイノルズ 熊谷小百合

■英語
英語耳ドリル / 松澤喜好
これで話せる!英語のバイエル / 大西泰斗、ポール・マクベイ


3.「志」「生き方」編
■志
・竜馬がゆく / 司馬遼太郎
創造と変革の志士たちへ / 堀義人
R25 つきぬけた男たち / R25編集部

■生き方
キャリア・アンカー / エドガー H. シャイン 金井壽宏
さあ、才能に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす / マーカス バッキンガム
これからの「正義」の話をしよう / マイケル・サンデル
・親が死ぬまでにしたい55のこと
「残業ゼロ」の仕事力 / 吉越 浩一郎

■その他
ブイヨンの気持ち。 / 糸井重里



……以上です。
こうやって振り返ってみると、小説をほとんど読んでいない(唯一「竜馬がゆく」だけ…)ことに気づきました。来年は小説にもたくさん取りかかって、楽しみつつ、特定分野を掘り下げつつ、世界観も広げる――そんな1年にできればと思います。

また、来年はこのブログ自体をもっともっと多くの方に読んでいただき、気づきを得ていただけるものにしたいと思います。がんばろ。

0 件のコメント: