2010/12/28

三国志 / 横山光輝(60巻中46~49巻あたり)

横山光輝「三国志」を読みました。

先日晩ごはんを食べたレストランにたまたまあったので、ほんの少しだけ。諸葛亮孔明が猛獲と争う「南蛮平定」のところを読みました。確か46~49巻あたりだったと思います(うろ覚え)。

三国志をちゃんと読むのは、小学生の頃以来です。当時は純粋にマンガ、エンタテイメントとして読んでいましたが、今改めて読むと色々と感じることがあり、「年を重ねると、同じ素材も違った楽しみ方ができるんだなぁ」と、なんだか感慨深いものがありました。


内容
蜀の軍師孔明が魏との戦いに集中するべく、まずは背後をきちんと固めるために遠征した南蛮平定戦です。南蛮を牛耳る猛獲との戦いを繰り返し、猛獲を捕らえては放し、捕らえては放し、を繰り返し、6度目でやっと、猛獲の心を捉えて、南蛮平定に成功します。

孔明の目的の置き方や戦い方に学ぶべきところがたくさんあったので、いくつかポイントを取り上げてみます。マーケティングの考え方に通じるところがたくさんあります。

孔明がすごいポイント
MECEではありませんが、まとめてみると全部で6ポイントありました。

1.目的設定
戦いの目的は「勝つこと」ではなく、その先の「治める」ことにあると考える。
また、費用対効果を重んじる。仲間の犠牲はできるだけ少なくしようとする。
(ライフタイムバリュー、費用対効果)

2.戦略
必ず味方に有利な状況に持ち込んでから戦う。
相手の弱点を突く。
相手を油断させる。
だます。
仲間の戦闘力を過信した真っ向勝負はしない。
(ポジショニング、SWOT)

3.環境分析
地理と天候を必ず読んで、味方につける。
(マクロ環境、市場環境)

4.展開の見通し
戦闘の展開をあらかじめ見通し、適切な場所に適切な人数の兵士を配置しておく。
(マーケティングミックス、プロモーションミックス)

5.心理分析
敵の戦意の高低を読む。
仲間と敵のモチベーションの源泉を把握し、それを活用する。
(ニーズ分析、インサイト分析)

6.人を動かす
効果を考慮して、あえて優しく接する。
効果を考慮して、あえて厳しく接する。
面子を立てる。
(プロポジション、プロモーション)

…以上です。中国の三国時代というと、西暦200年くらいだと思うのですが、その頃にこれだけ、人、自然、かけひきのことを理解していたと思うと、、、怖いくらいです。私が先人の知恵をもらってテキストで学び、人から教えてもらい、実践し、失敗し、そしてまたテキストから学び……を何度も繰り返しやってやっと少しずつ学べていることが、この当時にできてたんだなぁと思うと、、すごいと思います。逆に、昔の方が人や自然を見つめる目が鋭かったのでしょうか。

ともかく、面白く、多くの学びがもらえました。

0 件のコメント: