2011/07/05

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 / デビッド・アレン 田口元


はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」を読みました。

原題は「Getting Things Done」。原題の頭文字を取った「GTD」というタスク管理手法を紹介した本です。いまタスク管理、時間管理の領域で一冊だけおすすめするなら、間違いなくこれをおすすめします

整理術のなかでも、時間の整理、タスクの整理についての理解を深めたくて読みました。

目次
一冊まるまるGTDについて書かれています。第1部でGTDの考え方が、第2部で具体的な導入方法が、3部でGTDの効果・価値が解説されています。
第1部 GTDの基本
第2部 ストレスフリー環境で生産性を発揮しよう
第3部 基本原則のパワーを体感しよう

GTDのエッセンスをまとめてみました。全部で3点です。

1 GTDとは

GTDとは「Getting Things Done」の略で、著者デビッド・アレンが提唱するタスク管理方法。

その根底にあるのは、現在多くの人がタスクを管理するうえで見過ごしてしまっている2つの問題です。
  1. 「やるべきこと」を頭の中で管理していると、「覚えておかないといけない」という意識のせいで脳内のメモリが消費されてしまう。だから、どんな作業をやっているときも100%集中できず作業効率が落ちてしまう。さらに、ふとしたときに意識に上ってきて、気持ちがスッキリしない。
  2. 「やるべきこと」の中には、目的やネクストアクションが明確でないものが多い。目的やアクションがクリスタルクリアでないと、精度の低い非効率な行動を取ってしまうことになる。

このような問題認識のもと、GTDでは、まず頭の中にある「やるべきこと」をすべて洗い出し、それらをシステマチックに具体化していくというやり方が提案されています。

まとめると、GTDのポイントは次の3つになります。

  1. 頭の中の「気になること」を「すべて」頭の外に出す
  2. 頭の外に出したすべての「気になること」について「求める結果」と「ネクストアクション」を明確にする
  3. 「気になること」とその「ネクストアクション」を信頼できるシステムで管理しリマインドをかける

2 GTDで目指すもの

GTDの手法を用いて目指すのは、次の2つが常にできている状態です。

  1. 「気になること」をすべて把握する
  2. あらゆるインプットをその場で振り分けて処理可能な形にする

その結果、まずタスクの処理がスムーズになり、効率が上がります。さらに、全体像が見渡せているという感覚も得られるので、気持ちがスッキリします。

タスクを洗い出すことによって、「実はやらなくてもいいこと」や「時間の問題で、不可能なこと」なんかも把握できます。すると、「自分への無茶な約束事」が減っていき、結果として、セルフイメージが向上します。

3 GTDの基本プロセス

GTDの全体のプロセスは次の5ステップです。

  1. 「気になること」すべてを1箇所に「収集」する。
  2. それぞれの意味と何をすべきかを明らかにする「処理」を行なう。
  3. その「処理」の結果を「整理」する。
  4. それらの行動の選択肢を「レビュー」する。
  5. 選んだ行動を「実行」する。

目の前にある作業に取りかかる前に、まずは気になることすべてを洗い出し、位置づけを考えて具体化し、分類していく。そして、すぐやるべきことはすぐ処理し、決まった日時にやるべきことはそのときにやるようにリマインドをかけ、プロジェクト形式のものはしっかりとプロジェクト化し、それぞれに適切なアプローチで取り組む、という流れになります。

各ステップの中身は本書のなかで詳しく解説されているので、ご興味があれば読んでみてください。


一言感想

良かったです!

新しいタスクはすかさず分類し、適切なタイミングでとりかかる」という考え方は、リズ・ダベンポートの「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」と共通しています。GTDはリズ・ダベンポートのものよりも、具体的なやり方や導入方法がより詳しく解説されている感じがしました。

私はこのGTDの考え方とRemember The Milkというタスク管理ツールのおかげで、寝る前ベッドの中で「明日のことが気になる」といったことが一切なくなりました。この解放感は、ヤミツキになります。いちテクニックにすぎませんが、個人的には人生を変えるすごいテクニックだと思います。

主婦などの忙しい方や、やりたいことがたくさんあり過ぎる、という方におすすめです。

こんな方におすすめ
・仕事の効率を上げたい方
・とにかくタスクが多くて忙しい感覚がある方
・人生の中でやりたいことがたくさんあるという方

おまけ
タスク管理に関する本だと「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」もおすすめです。よろしければこちらもご覧ください。
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ / リズ・ダベンポート 平石律子
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ / リズ・ダベンポート 平石律子 2回目

Getting Things Doneの公式サイトはこちら。
David Allen, Getting Things Done® and GTD®

訳者の田口元さんのサイトはこちら。いずれも、超有名サイトですね。
100SHIKI
IDEA*IDEA

0 件のコメント: