2011/08/21

シンプリシティの法則 / ジョン・マエダ 2回目


シンプリシティの法則」を読みました。

著者はコンピュータ科学者でありグラフィックデザイナーでもあるジョン・マエダ氏。現在はRISDの学長も務めている方です。そのマエダ氏がものごとをシンプルにする方法について綴ったエッセイ集がこの「シンプリシティの法則」です。

数年前に買って以降何度も読んでいるのですが、私には理解するのが難しく、今回5回目ぐらいにしてようやくほんのちょっと理解できたような気がします。私には難しい一冊。

整理(シンプリシティ)のコツ

本書で紹介されている整理のコツを私なりに再編集してみました。

整理のコツ(基本編)
整理は大きく2つのステップからなります。
  1. まず第一にモノを減らす(WHAT)
  2. そして次に、残ったモノをルールをもって揃える(HOW)


そして、第一ステップは次の4ステップから構成されます。
  1. 削減(reduce)
  2. 縮小(shrink)
  3. 隠蔽(hide)
  4. 具体化(embody)

第二のステップも同じく、4つのステップからなります。
  1. 分類(sort)
  2. ラベリング(label)
  3. 統合(integrate)
  4. 優先度づけ(prioritize)

整理のコツ(応用編)
上記の2ステップに加えて次の事柄も理解しておくと、さらに高いレベルでの整理を行うことができます。
  • モノや空間の整理と同じように、時間も整理することもできる。時間も整理の対象である
  • 知識を得たり、対象を信頼したり、安心したりすることで、ものごとをシンプルにできるレベルは高まる。
  • ただし、何でも整理すればいいというものでもない。この世には、整理しきれないものや整理すべきでないものも存在する。
  • 整理とはとどのつまり、大事なものを残し、その他のものを捨てていくことである。
  • そして、究極の整理は、「人生の中で一番大切なもの」だけを残すこと
  • 感情は大切。感情を犠牲にしてまで整理をする必要はない
  • 前提として、複雑なものが存在するからこそ、(相対的に)シンプルなものが存在できる。

・・・以上です。

それぞれに具体例を挙げていくとわかりやすいかと思うのですが、ここにそれを書くとものすごく長くなってしまうので、、、今回例は割愛します。

私は上述のとおり本書の内容を構造化しようと試みましたが、もとは「10の法則」という名前の一次元リストです。

ピックアップ

最後に、特に印象に残った言葉をピックアップしてみます。
テクノロジーのおかげで、私たちの生活はますます満たされるようになった。だが不快なものに「満たされる」ようにもなった。
複雑なテクノロジーが私たちの家庭や職場に押し寄せ続けるだろう。したがって、シンプリシティはきっと成長産業になるはずなのだ。
シンプリシティとは(中略)企業がみずからに固有のコンプレクシティに立ち向かうための重要な戦略的ツールとなっているのだ。
フィリップスは、全製品ラインだけでなくビジネスの手法全体を、シンプリシティを軸に再編成しようとしていたのだ。
シンプリシティを実現する最もシンプルな方法は、考え抜かれた削減を通じて手に入る。
重要な少数(バイタルフュー)
感覚は形態にしたがう(feeling follows form)
テクノロジーと人生が複雑になるのは、そうなるがままに任せておくときだけである。
テクノロジーはイネイブラー(力をくれるもの)であると同時に、ディセイブラー(力を奪うもの)ともなりうる。

一言感想

私の場合、シンプリシティという言葉に耳馴染みがなく、そのまま読むとなかなか理解できなかったのですが、それを整理という言葉に置き換えて読むぐっと理解が深まりました。言葉を読み替えることで著者の意図と外れることもあるかと思いますが、こういう読み方もあってもいいのかなと知り、勉強になりました。

未整理のエッセイ集だからこそ読者に考える余白があって、とても「頭を使う」良い一冊だと思います。

また、本書の中でiPodのクリックホイールについての考察がなされています。感応式ディスプレイが普及してクリックホイールは過去のものとなりつつありますが、あれはあれで美しかったし操作感良かったなぁと懐かしく思い出しました。

こんな方におすすめ
・シンプルデザイン、ミニマルデザインを志向するデザイナー
・より効果的なデザインを行いたいデザイナー
・複雑な状況や情報をうまく整理したい方

おまけ
公式サイトはこちらです。
Laws of Simplicity


0 件のコメント: