2011/10/24

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか? / 枝廣淳子 小田理一郎


なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」を読みました。

この本は、一冊まるごと「システム思考」と呼ばれる問題解決手法を解説した一冊です。

システム思考関連の本を一冊読みたくて、この本を手に取りました。その「一冊」の条件は
  • システム思考の本質を
  • なるべくわかりやすくシンプルに説明した
  • とにかくわかりやすい一冊
  • そして、ある程度評判もよいもの
だったのですが、結果、この本で良かったと思います。当初の目的「システム思考をおおづかみに理解する」は十分に果たしてくれました。

以下、本書のエッセンスを凝縮し、8文にまとめてみました。


#1 システム思考とは、問題を構造的につかむ問題解決手法

システム思考とは、問題を構造的に捉える、問題解決の手法のひとつです。英語では、Systems Thinking。

問題を解決するときに、問題の理解も浅いままに解決策に飛びついてしまうと、ときに
  • 成果が出ない
  • 短期的に(一見)解決するが、長期的にはさらに問題が深刻化する
  • 思わぬ副作用が出る
といった結果が生じます。このような事態を避けるため、問題をまずは構造的に把握し、一番最適なアプローチポイントにアプローチする。その考え方の枠組みが「システム思考」です。

具体的には次のようなステップを踏む手法になります。
  • 問題をしっかりと明確にしたうえで、
  • 表面化した「現象」だけでなくその背景にある「構造」も把握し、
  • そこからKSFを抽出して、
  • より効果的な打ち手を見つける。

要は、「問題をシステムと捉える」というのがシステム思考の最大の特徴なのですが、じゃあ、「システムと捉える」というのはいったいどういうことなのでしょうか? そのあたりのことを以下で述べていきます。


#2 システム思考の背景にあるキーワード「複雑化」

システム思考の中身を掘り下げる前に。まずはシステム思考の前提に触れてみます。

システム思考の背景には、「ビジネス環境はますます複雑になっている」という時代認識があります。IT革命や経済のグローバル化により、20世紀後半の50年で、世界は大きく複雑化しました。さらに、この複雑化の流れは、今後も止まることがありません。

環境が複雑化するにつれて、ビジネスシーンで直面する「問題」も複雑になってきています。そんな、現代の複雑な問題にアプローチする手法のひとつとして着目されているのが、このシステム思考です。

ちなみに、環境が複雑化していることについて、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏は次のように言っています
現状を把握するということが、不可能に近いくらい難しい。
私は最初この表現を見たとき「大げさだなぁ」と思いましたが、今では「そのとおりだなぁ」(笑)と思います。最優先課題は何なのか、どこに問題の本質があるのか、そして、どこのアプローチをかけるべきなのか。それが本当にわかっている人、特にビジネスパーソンというのは、実は、ごくわずかのように思えます。


#3 システムとは、「作用し合う要素の集まり」

システム思考とは「問題をシステムと捉える」ものだ、と上で述べました。では、ここでいう「システム」とは何なのでしょうか?

ここでの「システム」とは、ITシステムなどの狭義のシステム(人工物)ではなく、「作用し合う要素の集まり」のこと。広義でのシステムを意味します。
システムとは、「複数の要素が情報やモノ、エネルギーなどの流れでつながり、相互に作用し合い、全体として目的や機能を有する集合体」です。

(余談:本書では、この引用文にあるように「全体として目的や機能を有する」というのがシステムの定義に含まれています。しかし、「あらゆるものがシステムだ」という広い見方をするのであれば、「全体としての目的や機能を有する」という部分は必要ないかなと思います。)


#4 システム思考のベースとなる「氷山モデル」

システム思考の一番のベースにあるのが、問題を階層的にとらえる「氷山モデル」です。

「氷山の一角」なんて言葉もありますが、実際、人が「できごと」として認識できるのは世界のごくわずかな部分にすぎません。その背景にあるパターンや関係性は、洞察をすることによって初めて見えてくるものです。この「氷山」という捉え方が、システム思考の大前提となります。

本書で紹介されている「氷山モデル」は4つの階層からなります。
  1. できごと
  2. 時系列パターン
  3. 構造
  4. 意識・無意識の前提
いうなら、表面化したできごと(スナップショット)を時間軸でつなぎあわせることで時系列のパターンが見えてきて、その背景にあるのは因果関係の構造。さらにその下に意識などの前提がある、といったイメージです。

私は、この4階層から「時系列パターン」の部分を外して名前も変えた、次の3層構造の方がわかりやすいです。
  1. 現象
  2. 因果関係
  3. 利得構造

この3層の氷山モデルを図にしてみました。



#5 問題解決のツボ「レバレッジ・ポイント」

問題への対策を決めようとしたときに、アプローチ可能なポイントが複数コ出てくる場合があります。そのときに、数あるポイントのなかでもっとも費用対効果の高いポイントのことを「レバレッジ・ポイント」といいます。

レバレッジ・ポイントは、問題のすぐそばにあるとはかぎりません。一見関係ないように見える遠くのポイントが問題解決の糸口になることもあります。その例としては、「割れ窓理論」として有名なニューヨークの犯罪抑止策なんかがあげられます。

レバレッジ・ポイントは日本語でいうなら「ツボ」のこと。レバレッジ・ポイントが意味する「費用対効果が高い」という面と「必ずしも問題のすぐ近くにはない」といった意味合いが、日本語の「ツボ」という言葉にはこめられています。


#6 最初に使う「時系列変化パターングラフ」

システム思考による問題解決の初期に用いるツールが、「時系列変化パターングラフ」です。英語では、Behavior Over Time (BOT)。


これは、横軸に「時間軸」、縦軸に「KGI」(変えたい対象)をおいた二次元グラフです。このグラフを正しく描くことは、意外とカンタンではありません。正しいグラフを描くには、問題を正しく認識し、目的・目標、時間軸を明確に定めることが必要となります。

時系列パターングラフは他の強力なフレームワークと同様、中学生も使えるぐらいものすごく単純なツールですが、使いこなすのは難しいものです。

時系列パターングラフには、次のようなメリットがあります。
  • 目標を明確にできる
  • 目標達成の時間感覚を持てる
  • モチベーションが上がる
個人で使うときにも有効ですが、特に、チームやグループで使うとき、価値観や利害が異なるメンバーが協調する必要があるときに威力を発揮します。

変化を創り出すためには、そもそも「何をどのように変化させたいのか」、つまり変化のビジョンを明らかにする必要があります
時系列変化パターングラフは、単に理性に働きかけるだけではなく、情緒にも働きかける力をもっているためです。
システム思考を身に付けることで、全体像を見る力、問題構造のツボを見抜く力、(中略)組織内外で問題認識を共有する力を強めることができます。とくに組織にとっては、システム思考は、問題を発見し、関係者で認識を共有することによって、真に効果的な働きかけを作り出す力を与えてくれます。「システム思考は学習する組織の基盤」といわれるゆえんです。


#7 システム思考の核「ループ図」

システム思考の核となるのが、「ループ図」と呼ばれるものです。英語では、causal loop diagram(CLD)。


増減するパラメータをひとつのノードに入れて、パラメータ間の因果関係を矢印として表します。エッジに添えられた「+-」、「正負」といった文字は、因果関係がプラスなのかマイナスなのかを意味します。たとえば、「タマゴの数が増えるとニワトリの数が増える」、つまり、プラスになればプラスになる、という関係は+で表します。逆に、「サメが増えればサカナが減る」(捕食者・被捕食者の関係)という関係は-で表します。使う矢印は一方向のものだけです。双方向矢印は使いません。

これはいわゆる「因果関係図」なのですが、システム思考では
  • ひとつのノードにひとつの「パラメータ」を入れる
  • 結果が原因に影響を及ぼすループ(還流)構造を前提にする
というところがポイントです。これらのポイントを押さえることによって、一般の因果関係図に比べて、よりスムーズに、そしてより共有しやすい形で問題を描写することができます


#8 システム思考の筋力を高めるためには「システム原型」

時系列変化パターングラフと同様、ループ図も原理は非常にシンプルです。しかし、実際に使うとなるとなかなか大変です。描こうと思っても、なかなか手が動きません。。。

その大変なループ図作成作業を助けてくれるのが、「システム原型」と呼ばれるパターン集です。これは、構造としてよくあるループ図をまとめたもので、本書では6つほど紹介されています。

よくあるパターンを知っておくことによって、初めての問題に直面しても、過去の事例からのアナロジーで、ある程度予測を立てて問題を解決することが可能となります。いわゆる、「守破離の守」ですね。

このあたりのライブラリがきちんと整備されているところが、他のフレームワークと比較したときのシステム思考の魅力でもあります。


#9 システム思考の存在を一般に広めた「最強組織の法則」

最後はちょっと余談です。システム思考が一般に広まった「きっかけ」のお話を。

システム思考の研究は1950年頃に始まったそうです。なので、経営や問題解決の領域でいうと比較的歴史の深い領域かなと思うのですが、それが経営の現場で一般に広く知られるようになったのは90年代に入ってからのことのようです。

きっかけは「最強組織の法則」という本。著者はピーター・センゲで、原題は「The Fifth Discipline - The Art & Practice of the Learning Organization(第5の規律:学習する組織の技術と実践)」です。

「最強組織の法則」は要は組織に関する本で、「人がイキイキと働き、成長し、成果も出すようなチームはどうやったら作れるのか?」という疑問を追及した本なのですが、その中で挙げられた「5つの重要なカギ」のひとつに「システム思考」が含まれています。

ちなみに、5つのカギとは
  1. システム思考
  2. 自己マスタリー
  3. メンタル・モデルの克服
  4. 共有ビジョンの構築
  5. チーム学習
の5つです。私はこの最強組織の法則は未読ですが、近々読んでみたいと思います。

・・・以上です。


感想

もともと私は、何かを達成したり、問題を解いてスッキリしたりすることが大好きで、「問題解決」や「戦略」、「発想」の手法を身につけ磨くことを自分のライフワークのひとつと捉えています。その中で、システム思考はこれまでずっとスルーしてきました。

今回本書を読んで、システム思考の基本的な考え方とツールを学ぶことができました。使いこなせるようになるには場数を重ねていくことが必要ですが、これで、systems thinker としての第一歩はこれで踏み出せたのかな、と。よかった。今後磨いていきます。

最後に、目次をあげておきます。

目次
まえがき――小さな力で大きく動かそう!
第1章 システム思考とは何か?――よいパターンを創り出す究極のツール
第2章 システム思考は難しくない!――世の中はシステムだらけです
第3章 最強ツール「時系列変化パターングラフ」で望ましい変化を創り出す
第4章 ループ図を使えば構造が見えてくる!
第5章 強力な助っ人「システム原型」で現実の構造を見破る
第6章 絶妙のツボ「レバレッジ・ポイント」を探せ!――小さな力で大きく変える
第7章 いざ、問題解決へ!――望ましい構造を創りだす
第8章 システム思考の効用と実践手法――こんな場面で役に立つ!
第9章 最強の組織をつくる!――変化の時代に必須のスキル
第10章 システム思考を使いこなすコツ――実践のための七ヶ条 
システム思考をより深く知りたい人のために――システムの特徴

おまけ
システム思考のニュートラルな定義を知りたい場合は、こちら。
Systems thinking - Wikipedia

その他もろもろ。
システム思考 - チェンジ・エージェント
システム思考研究会 - Facebook
システム思考 学習する組織の5つのディスプリン - MIKA KUMAHIRA
Habits of a Systems Thinker - System Thinking in Schools Water Foundation



0 件のコメント: