2011/11/25

戦略「脳」を鍛える BCG流戦略発想の技術 / 御立尚資


戦略「脳」を鍛える」を読みました。

「ボスコン」の愛称(?)で知られる世界的に有名な経営コンサルティング会社「ボストン・コンサルティング・グループ」。その日本代表を務める御立尚資さんが書かれた「戦略思考」本がこの「戦略「脳」を鍛える」です。2003年に出版されました。

この本は、「戦略論がわかる」と「実際に効果的な戦略が立てられる」との間に横たわる、ものすごーーーく大きなギャップを埋めるために読む本。いわば、戦略の「わかる」を「できる」に変えるためのヒント本です。

目次
はじめに
第1章 インサイトが戦略に命を吹き込む
第2章 思考の「スピード」を上げる
第3章 三種類のレンズで発想力を身につける
第4章 インサイトを生み出す「頭の使い方」を体験する
第5章 チーム力でインサイトを生み出す
おわりに

本書のエッセンスを、著者が使っているのとはまた別のキーワードを使ってまとめてみました。以下、6点です。

#1 戦略論を学んだだけでは、いい戦略は作れない。

この本のおおもととなった問題意識は、「戦略論を学んでも、いい戦略が立てられるようにはならない」というもの。これは戦略論を学んでもムダだということではありません。「戦略論を学ぶことは大事だけど、それだけではダメ。戦略論プラス、ほかの何かが必要だ」ということです。
戦略論を学ぶのは非常に大事なことだが、これらの知識だけでは、ユニークで勝てる戦略を構築できるようにはならない。戦略論の知識があることと、勝てる戦略を構築できることの間には大きな隔たりがある

#2 「いい戦略が作れる」と「戦略論がわかる」の間のギャップを埋めるのが「インサイト」。

いい戦略を立てるために必要な戦略論以外の何か。それを本書では、「インサイト」と呼んでいます。ボストン・コンサルティング・グループのなかでも通称インサイトで通っているそうです。
このギャップを埋めるものは、戦略論という定石を知ったうえで、新たな戦い方をつくり上げるプラスアルファの能力である。
ギャップを埋めるプラスアルファの能力を、BCGのコンサルタントは「インサイト」と呼ぶ

#3 インサイトとは、リアルな場での戦略を構築するための「頭の使い方」。

インサイトとは、要は「頭の使い方」。
「インサイト」とは、「勝てる戦略の構築に必要な“頭の使い方”、ならびにその結果として得られる“ユニークな視座”」のことである。

#4 インサイトの要素は、1)フレームワーク、2)視点、3)グラフ思考、4)仮説PDCA。

インサイトのモトになるのが、フレームワーク、視点、グラフ思考、仮説PDCAといった要素です。本書では別の表現を使って説明していますが、私なりにここを噛み砕いてみます。

1)フレームワーク
ビジネスを分析するときに使える考え方の枠組み。社会やビジネスによく見られる現象や要素間の関係をキーワードでまとめてパターン化したものです。

それはちょうど、数学の定理に似ています。
定理の証明のような論理積み上げなしに、短い時間で思考を進めていくことができるのだ。

本書では、コスト系、顧客系、構造系、競争パターン系、組織能力系と、5つの切り口から合計12コのフレームワークが取り上げられています。

■コスト系のコンセプトワード
スケールカーブ 経験曲線 コストビヘイビア

■顧客系のコンセプトワード
セグメンテーション スイッチングコスト、ロイヤリティ、ブランド

■構造系のコンセプトワード
V字カーブ アドバンテージ・マトリクス デコンストラクション

■競争パターン系のコンセプトワード
ファースト・ムーバー・アドバンテージ(先行利益) プリエンティプティブ・アタック(先制攻撃)

■組織能力系のコンセプトワード
タイムベース競争 組織学習、ナレッジマネジメント

2)視点
仮説を構築するとき、検証するときに有効な着眼点。これもフレームワークとよく似ています。

■拡散レンズ
ホワイトスペースを活用する バリューチェーンを広げる 進化論で考える

■フォーカスレンズ
ユーザーになりきる テコを効かせる ツボを押さえる

■ヒネリレンズ
逆バリする 特異点を探す アナロジーで考える

3)グラフ思考
図、その中でも特に数字付きの「グラフ」で考えるというアプローチ

グラフで考えることには、言葉で考えると複雑なことも右脳の力でうまく処理できるようになる、数字付きなので裏付けも強い、といったメリットがあります。
目の前の事象をグラフ化して右脳でビジュアル的にとらえることが有効になってくる。グラフ化すると複雑な事象を単純に把握できるうえ、グラフを操作してシミュレーションすることが可能になり、右脳思考で仮説を立てることができるようになる。

これとよく似た考えとして、ビジュアルシンキング図解思考思考の整理術などがあります。

4)仮説PDCA
フレームワークや視点、グラフ思考を使って組み上げたアイデアも、頭の中で考えてるだけでは本当にうまくいくかはどうかわかりません。

自ら立てた仮説を批判・検証し、もう一度立案し直し、さらによい仮説へとブラッシュアップしていく。そういう泥臭いプロセスも良い戦略作りには欠かせません。

#5 インサイトの力を磨くには、経験の積み重ねが必要不可欠。

よい戦略を立てるには、インサイトが必要。そして、インサイトを形作る要素としては、フレームワークと視点とあれとこれとがあって――というのは、まだスタート地点のお話です。

インサイトの力、すなわち、戦略脳を鍛えるには、経験の積み重ねがどうしても不可欠です。スポーツのように、理解したことを実際に試してみて、身体(頭)に馴染ませていくことで初めて、よい戦略体質が備わってきます。

#6 まとめ 戦略的思考とは、1)戦略の定石 + 2)インサイト。

ということで、戦略を考えるために必要なのは、戦略の定石と、インサイト。この両方が大切です。

・・・以上です。

一言感想

よかった!です。8年前の本ですが、今読んでも古臭さはありませんでした。


おまけ
今回まとめるにあたって著者が使ったのとは別のキーワード「フレームワーク」や「グラフ思考」を使いましたが、元々著者が使っていたキーワードも原文のまま、ここに載せておきます。

公式1 ユニークな戦略 = 定石 + インサイト
公式2 インサイト = スピード + レンズ
公式3 スピード = (パターン認識グラフ発想)×シャドウボクシング
公式4 レンズ = “拡散”レンズ + “フォーカス”レンズ + “ヒネリ”レンズ

著者が代表を務めるボストン・コンサルティング・グループのサイトはこちら。
BCG in Japan

0 件のコメント: