2011/12/27

BORN TO RUN 走るために生まれた / クリス・マクドゥーガル


BORN TO RUN 走るために生まれた」を読みました。

副題を直訳すると「隠された部族とスーパーアスリート。世界がいまだかつて見たことのない最高のレース」。副題がそのまんま、物語の要約になっています。

アメリカのランナーの間でブームとなり、昨年日本にも上陸した「フォアフットランニング」とビブラムファイブフィンガーズの火付け役の一冊です。ランナー向け本。

私のランナーの道の師匠からお借りして読みました。

カテゴリとしては「ノンフィクション小説」になるでしょうか。著者のクリス・マクドゥーガルは慢性的な足の痛みに悩んでいたランナーなのですが、彼が「なぜ私の足は痛むのか?」という多くのランナーが抱える素朴な疑問に真剣に取り組みはじめたところからすべては始まります。

「人間にとって、ランニングは不自然で身体に悪いスポーツ」。「ランナーの8割方は故障を経験する。故障はランニングに欠かせないものだ」。そんな、ランナーたちがこれまで受け止めてきた「定説」に対して、著者は「本当にそうなのだろうか?」と問いかけます。「毎年のように、最先端の技術を謳う新しいシューズが登場しているのに、過去30年もの間、なぜランナーの故障はいっこうに減らないのだろう?」。

私もこの問いにはハッとしました。ちょうど私は人生初の足の故障を経験していたときにこの本を読んだため、まさに著者と同じ気持ちで「足が痛む原因は何だろう?」「どうしたらいいんだろう?」と答えを探し求める思いで読みました。

疑問への答えを探し求める中で、著者はさまざまな人たちに出会います。
  • 野望を抱えながら仙人のように暮らす謎のランナー
  • 裸足同然の靴で信じがたいほどの長距離を走るランナー種族「タラウマラ族」(ララムリ族)
  • 人類の起源にまでさかのぼり、「走ること」の本質へと迫るスポーツ研究者
  • サーフィンや詩と同じようにランニングをこよなく愛する大学生
  • 世界最強のトレイルランナー

彼らと出会いながら著者マクドゥーガルは走ることの「真相」へと迫っていき、同時に、「最高のレース開催」を実現していきます。

・・・「走ること」と人類の起源にまつわる最新の科学(仮説)、魅力あふれる個性的なランナーたちの人生の物語、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」「アバター」を彷彿とさせる異文化との交流、と、ひとつの物語の中に複数の要素がちりばめられています。ぶあつくて読み応えはありますが、いろんな楽しみ方ができる「おいしい」一冊です。

ピックアップ
この本の中で特にぐっと来たセリフを3点だけ挙げてみます。

もし本気でララムリ(族)を理解したいなら、95歳の男が山を越えて40キロの道のりを歩いてきた場に居合わせたらよかったんだ。どうしてその老人はそんなことができたかわかるか? 誰からもできないとは言われなかったからだ。老人ホームで死んだほうがいいと言う者はいなかった。人は自分の期待に沿って生きるんだ。
カバーヨ・ブランコ

楽に、軽く、スムーズに、速く、と考えるんだ。まずは“楽に”から。それだけ身につければ、まあ何とかなる。つぎに、“軽く”に取り組む。軽々と走れるように、丘の高さとか、目的地の遠さとかは気にしないことだ。それをしばらく練習して、練習していることを忘れるくらいになったら、今度は“スムーーーズ”だ。最後の項目については心配しなくていい――その3つがそろえば、きっと速くなる。
カバーヨ・ブランコ

これは嘘っぽくて誰にも話したことがないんだけど、ウルトラを走りはじめたのはもっといい人間になるためなの。100マイルを走れたら、禅の境地に達するんじゃないかと思ってた。ものすごいブッダになって、世界に平和と笑顔をもたらすの。わたしの場合はうまくいってない――相変わらずの役立たずだから――けど、自分がなりたい人間に、もっといい、もっと平和な人間になれるって望みはいつもある
ジェン

登場人物のほとんどが、現在も活躍を続ける実在のランナーたちです。

私もこの本のランナーたちのようになりたいし、こんなランナーたちと出会うために、これからも走り続けていきたいなと思いました。


こんな方におすすめ
こんな方におすすめです。
  • ランニング好き、もしくはランニングに興味がある方
  • 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」や「アバター」のタイプの物語が好きな方

「ランニングをもっと楽しみたい」という方や、ランニングを習慣にはしているけど、「ランニングは健康のために仕方なくしていることであって、楽しさなんかまったく感じられない」といった方に特におすすめです。そういう方がこの本を読めば、きっと走ることに対する考え方がガラリと変わる!かと思います。

私の場合は、最新のシューズとウェア、iPodとGPS。これらを使った21世紀型のランニングスタイルがいま最も楽しいランニングのあり方だとずっと思っていましたが、この本を読んでからは、最小限のものだけを持って、サーフィンや座禅、瞑想のときのようなリラックスしたスタイルで走るランニングもありだなと思うようになりました。

逆に、次のような方にはあまり向かないかもしれません。
  • 「ランニングなんてもってのほか」
  • 「ランニングをするぐらいなら他のトレーニングをする」
  • 「ランニングに関してはすでにあらゆることを知っている」

私はこの本を読む前から走ることにはハマっていましたが、この本でさらに走ることが楽しくなりました。私がこれから一生ランニングを続けるようなことがあれば、それはこの本のおかげだと思います。

私が2011年に出会った本の中でも、「最高の一冊」のひとつです。

おまけ
著者のページはこちら。
Christopher McDougall | Born to Run | National Bestseller

こちらは著者のTEDでのスピーチ。

0 件のコメント: